「雨の日の前後に頭が痛くなる」

「台風が近づくとだるさで寝込んでしまう」

といった、天気が悪くなると出てくる痛みや不調。

これらの症状が最近、「気象病」「天気痛」と呼ばれているのはご存知だろうか。

人によって症状が異なり、明確な治療法が広まってこなかったため、長らくつらい症状に悩まされながらも体質や気分の持ちようによるものと考え、我慢してきた人もいるのではないだろうか。

「天気痛は治せます」

そう語るのは、日本初の気象病外来・天気痛外来を立ち上げた佐藤 純医師。通称、“天気痛ドクター”だ。国際的にも希少な気象病の専門医に、つらい症状の原因と対処法について伺った。

天候が実際に体調に影響を与えることがある、というのは驚きました。確かに、その実感はあります。

僕も、天気が悪いと、頭痛までいかなくても、なんとなくけだるい気分にはなりますね。逃げられない“天気”による不調と、どう向き合えばいいのか。ぜひ先生のアドバイスをお聞かせください。

近年、ようやく「天気痛」という名称が知られるようになりましたが、根本の原因や治し方も徐々にわかってきました。
今日は、最新の研究結果と対処法についてお話ししますね。

人によって天気痛の症状や痛みの出るタイミングは変わる

―「天気痛」とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか?

病気の中で、天気の影響を受けて出るうつ症状や喘息などの症状を総称して「気象病」と呼んでいますが、そのうち頭痛や吐き気などの痛みや不調のことを「天気痛」と名付けています。

「雨が降るときに頭が痛くなるもの」という単純な話ではなく、人によって症状や出るタイミングが異なる、複雑な病気です。

台風が発生した頃に痛みが出る方もいますし、雨が降っている最中に状態が悪くなる方もいます。症状も頭痛だけではなく、吐き気やだるさで寝込んでしまう方や、頭痛の予兆として肩が凝って目がチカチカしてくる、目の奥が痛くなるなど、異なる症状が順番で出てくる方もいます。

気圧の影響を受けてしまう原因は何でしょう?

これまでの研究で、気圧を感じ取る内耳の感受性が影響していることがわかっています。※1

耳の奥の平衡感覚を司る器官の周辺に気圧を感じる場所があり、それが不安定な天気での気圧の“ゆれ”の影響を受けて、めまいと似たメカニズムで痛みやさまざまな不調を引き起こしていると考えています。

ただし、気圧の変化に敏感な内耳を治せばよい、というわけではありません。気圧の変化に対応する自律神経の乱れにも問題があるケースも多く、複雑に組み合わさっているので一概にこれだけが原因、というふうには言えないのです。

―外来にいらっしゃる方は女性が多いと聞きました。

7割程度が女性です。平均年齢は他の慢性痛に比べて少し若く40代で、患者さんには10才以下の方もいらっしゃいます。女性が多いのはホルモンの影響で自律神経が乱れやすいためと考えていますが、もちろん男性でも症状が出る方が多くいらっしゃいます。

また、小さい頃に中耳炎を繰り返していたり、耳抜きが下手な方は気圧の影響に弱い傾向にあるようです。今までは特に自覚がなかった方でも、例えばオフィスタワーやタワーマンションのエレベーターで何十階分もの高低差のある移動を日常的にしているうちに症状が出てきたという例もあります。

気圧が低いことがだめ、というわけではなく、気圧の変化が痛みの原因なのです。

天気痛治療は、1分間の内耳のマッサージから始まる

根本的な治療は難しいのでしょうか。

いいえ、治療はできますよ。

具体的には、大きく3つのステップで、痛みとうまく付き合い、緩和していくことができます。

そもそもの天気の影響を受けにくくする(内耳の状態改善)
それぞれの痛みや症状に合わせた対応をする(痛みやめまいを和らげる)
根本的に改善する(自律神経をととのえる)

内耳の状態改善

最初にまず、くるくる耳マッサージや、首の筋肉をのばすエクササイズを習慣にして、内耳周辺のむくみをとるところから始めます。

―「くるくる耳マッサージ」!

一人で、1〜2分もあればできる簡単なマッサージです。

1、親指と人差し指で両耳を軽くつまみ、上下や横に耳を5秒ずつ引っ張る
2、耳を軽く横に引っ張りながら、後ろ方向へ5回ずつ、耳を回す
3、耳をつつむように折り曲げて5秒キープ
4、手のひらで耳全体を覆い、後ろ方向に5回回す

日頃から耳周りの血流を良くするために、このマッサージを習慣にすることをおすすめしています。ホットタオルなどで耳を温めるのも効果的ですよ。

耳の周りの血流が悪いと内耳のリンパ液も滞ってしまい、むくみが出てきます。このむくみをとっていくことが、治療の第一歩となるのです。

―寝る前などに簡単にできますね。

こうしたマッサージのほかに、耳栓などにも効果があります。耳が気圧を感じ取っているものですから、耳栓で内耳を守るだけで大きく改善する方もいます。

飛行機に乗るときに使うような一般的な耳栓でも効果はありますが、それでは音が聞こえなくなってしまうので、私のクリニックでは、日常的に長くつけていられる気圧対策用の耳栓を開発しました。気になる方は調べてみてください。

また、甘いものと塩辛いものは、食べ過ぎるとむくみをつくります。別にダイエットしろとまでは言いません。天気の影響をとるのであれば、とにかくむくみをとる、というのが根本治療となりますので、食事は気をつけてもよいでしょう。

また、むくみと冷えは関係していますから、冷えないような対策を取ることも大事です。これからの季節はとくに気をつけなければなりません。

痛みやめまいを和らげる

―出てしまった痛みに対しては、どういった対処が必要でしょうか。

頭痛がひどいという方であれば、痛みがつらくなる前に頭痛薬を飲みましょう。天気の影響を受けやすい耳なり、身体をもっているのですから、そもそもの痛みが出ないようにする予防が重要です。

めまいが出る方は、市販の酔い止め薬が効く場合もあります

しかし、頭痛やめまいには重大な別の要因が隠れている場合もあるので、あまり自分で判断せず、まずは頭痛外来や内科などで診察を受けることが大事です。

このくらいなら…と我慢してしまいがちですよね。

痛みが続いていくと脳が痛みに対して過敏になってしまい、ちょっとしたことでも頭痛が出やすくなってしまいます。

ロキソニン(※市販の痛み止め)の売れた量を調べたら、梅雨前や台風の前に多かった、という調査結果もあります※2。それだけ、みなさん自分で治そうとしているのです。

市販の頭痛薬の効果がない、というわけではありません。頭痛そのものには効きますが、いつでも飲めるように心配でいろいろなところに薬を置いておくくらいであれば、根本的な頭痛の治療が必要だと思ってください。

自律神経をととのえる

―3つのステップ最後の、根本的な改善についてはいかがでしょうか

内耳のむくみをとり、痛みを減らしていったあとは、薬がなくても痛みや症状が出にくくなるよう自律神経をととのえて、低気圧に負けない身体をつくります

よく言われることですが、規則正しい生活が一番の基本です。早寝早起きが難しければ、寝る前のスマホをやめ、ぬるめのお湯(38度から40度)にゆったりつかるなどにより、睡眠の質をあげることで改善する可能性があります。

食事についても、豚肉や玄米、ピーナッツなどに含まれるビタミンB群をきちんと摂りましょう。これらの基本的なことを続けていけば、多少の気圧の変化では痛みが出にくくなってきます。

自分の“痛みの条件”を知ることから始めよう

自分も天気痛持ちかもしれない…と感じたら、まず何をすればよいのでしょうか。

先程の「くるくる耳マッサージ」はすぐできますが、それ以前に、自分の痛みの原因を知るために、“痛み日記”をつけることをおすすめします。

手帳でもいいですし、最近では私も監修に入っている「ウェザーニュース(※3) 」というスマートフォンアプリで、天気痛の予報を出しています。気圧の変化と体調の変化がどう関係しているのか、お仕事のストレスが原因で月曜がだめ、日曜がだめという方もいるので、どれが一番問題なのかという“痛みの条件”を探っていくことがまず大事です。

また、医師に診てもらうときも、こうしたデータを見せることで的確な診療が可能になります。

とはいえ、原因が天気だと思いこんで、他の原因を見落とす可能性もあります。睡眠不足や強い臭いがだめ、など、いろいろな痛みの原因があって、そのうちの天気の要素は何なのか?を知ることから始めましょう。

具体的にはどのようなことを書けばよいのでしょうか

天気や気圧、運動や睡眠の量と質、痛みがあったかどうかはもちろん、その日あったできごとや体調の変化、薬の服用なども記録しておきましょう。

特に、午前と午後など時間帯ごとに分けて記録しておくと効果的です。これによって、例えば「気圧の下がり始めに頭痛がする」などの傾向が見えてきます。

とはいえ、常に痛みを気にして敏感になりすぎるのもよくありません。痛みを意識しすぎることで脳が敏感になっていき、より痛みが顕在化していく原因にもなります。

自分の痛みの条件と対策を知ることで、自分はこういう時にこうするとうまくいくのだ、とポジティブな姿勢で捉えることが大事です。

―明日の夕方頃は痛くなりそうだな、と予想ができたら少し気持ちが楽になりますね。

大事なのは痛みをゼロにすることではなく、ADL(Activities of Daily Living:日常生活の動作)やQOL(quality of life)を上げることなのです。天気の影響を100%なくすのは残念ながら現時点では無理です。2019年に発生したような大型の台風のときは、みんな影響を受けてしまいます。

ですから、低気圧に敗北したと考えるのではなく、去年まではこういう日は一日中寝込んでいたけど、今年はこのくらいで済んだ、とポジティブに考えていくことが必要です。

「悪いのは自分ではなく、天気である」と考えることが大切

他の人と同じように仕事や学校に行けなくて、つらい思いをされている方もいますよね

自分が悪いという考え方はよくないです。これは病気ですから、自分はなんにも悪くないのに精神的にも悪化してしまうと、痛みそのものも悪化していきます。

悪いのは天気であって、だけど天気は自分ではコントロールできません。

ですから、「うまく対応をしていこう、うまく付き合っていこう。たまに暴走されたら我慢が必要になるけど仕方ない。」そういうイメージでやっていくことが大事です。

―悪いのは天気!たしかにそうですよね

天気痛外来にいらっしゃる患者さんは20代の方も多いですが、小学校中学校くらいから症状が出てきていた方もたくさんいます。ただ、その頃は同年代にすらなかなか理解されず、つらい経験をされていた方も少なくありません。

これまでは天気痛による痛みやだるさをサボりと思われてしまったり、周囲に理解されずに負のサイクルに入っていきがちでしたが、昨今では少しずつ市民権を得てきたように思います。

理由がわかって対処ができる、と安心しただけで症状がよくなった方もいます。自分のせいにするのではなく、少しずつ原因を取り除いて緩和していく、というポジティブな姿勢が必要ですね。

天気に影響されてしまう自分を否定して追い詰めるのではなく、病気として冷静に向き合い、対処をしていくことが大事なのですね。

天気は誰にもコントロールできないものですから、自分を責めてはいけません。マッサージや生活習慣など簡単に始められる対処法もありますから、ぜひ試してみてくださいね。

そのだるさは、自分のせいではなく、天気のせいかも。そう考えると、確かに気分が楽になりますよね。「くるくる耳マッサージ」、さっそく試してみます!


佐藤 純 / 中部大学教授・愛知医科大学客員教授・天気痛ドクター

1958年福岡県生まれ。30数年にわたり、気象と痛みや自律神経との関係について研究を続けている。愛知医科大学病院痛みセンターと東京竹橋クリニックにて、日本で唯一の「気象病・天気痛外来」を開設。後者ではオンライン診療も開始している。

※1「気象病発症メカニズムにおける気圧感受機構の解明ー動物実験と臨床実験の連携研究ー」

※2「悪天候と頭痛の関連を鎮痛剤売上データで裏付け/国立大学法人浜松医科大学」

※3 株式会社ウェザーニューズ社と共同開発。アプリ「ウェザーニュース」内で”天気痛予報”を配信。6日先までの天気痛発症リスクを予報。